美しいボディになりたいなら筋トレと共に食事を見直す

多くの方は「筋トレ」というものに、ひたすら身体を動かし続けるイメージをお持ちかもしれません。もちろん、それはそれで大間違いというわけではないのですが、改めて筋トレの目的を考え直していくと、必ずしもトレーニングだけが効果的というわけではありません。

 

「ムキムキマッチョになりたい」

というなら確かにトレーニングは必須です。筋肉をいじめて負荷を与え、いわゆる超回復を繰り返させることで、筋肉量を大きく増やすことが重要だからです。

 

しかし、「痩せたい」とか「スタイルを良くしたい」というのであれば、必要な筋肉さえ維持できていれば十分。むしろ肝心なのは食事の摂りかたです。

 

具体的に言えば、ご飯やパンなど糖質を多く含む主食を減らし、お肉やお魚などタンパク質が豊富なおかずをたくさん食べること。脂質は非常に高カロリーなので、赤身肉や白身魚など、文字通り淡白なタンパクを食べるようにするのです。

 

例の「結果にコミットする」ことで有名なトレーニングジムも、食事管理は徹底しています。どのくらい厳しいかと言うと、食事の写真を撮って専属トレーナーに毎日送付しなければならないほど。それほど、高タンパク低糖質の食事を摂っていることが大事なのです。

 

なお、一度にたくさん食べられない人は、タンパク質をプロテインやアミノ酸のサプリに頼っても構いませんよ。