筋トレのダイエット効果を高める為に合わせたいものとは?

ダイエットには「筋トレが効くみたい」と、見聞きすることが多い言葉ですが、筋トレをしているものの「なかなか痩せない」と言われる方も少なくないようです。

 

筋トレがダイエットに繋がる仕組みを理解してこそ、効果的なものとなるのは間違いありません。

 

気になるお腹を引き締めようと、腹筋を鍛えるトレーニングをすることは、部分的な引き締め効果として認められると思います。

 

しかし、これだけでは身体全体のダイエットには、なかなか繋がらないのも事実です。

 

体重だけで考えると、筋肉が付いた分「逆に増えた」と言うこともあるようです。

 

筋トレを続けることによって、筋肉は着実についてきます。

 

筋トレをダイエットに繋げるには、もう1つ加える必要があるものがあるのです。それがダイエットには、一番大事なことかも知れません。

 

筋トレでダイエットを考えているのであれば、是非知っておくと良い情報だと思います。

 

ダイエットそのものに重要なのは筋トレの後

代謝量が高い方ほどエネルギーが多く使われ、太りにくいと言うことは簡単にイメージ出来ると思います。

 

この代謝が最も高まるタイミングが筋トレを行った直後~48時間以内であり、体脂肪が燃焼しやすい状態になっているのです。

 

筋トレによって身体的な疲労感があると思いますが、更にもう1つ運動を加えることで、体脂肪が大きく燃焼してくれるのです。

 

筋トレ後に加えるもう1つの運動とは

筋トレを行った後の身体の状態は、分解された体脂肪がまだ血液内にあります。エネルギーとして使われる為に準備していた脂肪が使われることなく血液中に残っている状態なのです。

 

この血液に出てきた脂肪を燃焼してくれる運動が、ズバリ有酸素運動なのです。筋トレ後に加えるべきもう1つの運動とは、答えは「有酸素運動」となります。

 

有酸素運動には、ジョギング・ウォーキング・スイミングなど、自分でペースを調節しやすい比較的軽い運動となります。

 

但し、有酸素運動で体脂肪がエネルギーに変わるのは、運動開始から20分ほど後からと言われていますので、ペース配分を考え、自分に合ったもので20分~45分、更に1時間と続けられるものとするのが良いと思います。

 

筋トレダイエット中も食事はしっかり摂りましょう

筋トレダイエット中も、食事は出来る限り自然な形で摂りましょう。その際に心掛けたいのは、低脂肪・低カロリー・高たんぱく質なものです。

 

鶏肉のササミや胸肉、植物系では豆腐などの豆類のものがベストです。脂肪を抑え、筋肉量を増やすことに効果的です。

 

「食べる量を減らして痩せる」は、全くのNGです。

 

栄養が不足していると、身体は本能的に、脂肪を溜め込もうとします。食べずに痩せた方が、食べ始めて一気にリバウンドしてしまうのはその為です。

 

カロリーを必要最小限に留め、筋肉量を維持出来るたんぱく質を補う食事となるのが、筋トレ ダイエットには理想的ではないでしょうか。